株券情報

3月の新発売牝馬株券まとめ

更新日:

毎月10日になると牝馬株券のラインアップが新しくなります。

どんな馬が出るか楽しみになっていますが、3月のSSR株券はスターホース4では新登場となる系統の馬が出てきました。

また、SR株券はスタホ3でお世話になった人も多いであろう、あの系統です。

今回のラインアップも性能等をレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

■SSR株「カレンチャン」(セドバリーロイヤルメア族)

 距離 1200m未満-1400m
A 右回り A
ダート B 左回り B+
道悪 B 小回り B+
B+ 遠征 B
体質 B 瞬発力 B
スタート A 勝負根性 A+

気性普通

特性:快進撃(前3走すべて1着かつG1出走で発動)

セドバリーロイヤルメア(SR)族

※セドバリーロイヤルメア族と堅実な主な牡馬ラインは、グレイソブリン系(鉄板)、マンノウォー系、トウルビヨン系、ノーザンテースト系、サドラーズウェルズ系、ノーザンダンサー系、バードキャッチャー系。

エレメント構成(上段左から母母、父父、下段左から父母、母父)

SR族 ND系
BV族 GS系

→スタホ3なら見向きをしなかったであろうこの馬も、スタホ4のシステム及び今の状況なら推せる馬になっています
今回ポジティブな点としては、この系統と鉄板であり、UR+株券の入手難度の低いヒノデマキバオー(コラボイベントで入手)の存在が挙げられます。

たいようのマキバオーコラボでゲットできる株券情報まとめ

また、同じイベントで入手できるゴールデンバット号がバードキャッチャー系なので、マキバオーとこの馬にノーザンダンサー系を組み込めばある程度回せますし、サドラー系が充実してくれば今よりもっと回しやすくなります。

そして、エレメントは左向きの馬をつくるにはもってこいの内容になっています。

というのも、SR族自身のエレメントが左と坂、この鉄板相手のグレソブ(GS系)が左と芝、同じくニックスのバードキャッチャーが左とスタートなので、これらを組み合わせて配合を組めば左5や7で回していくことも容易くなります。

とはいえ、クセの強い血統であるのには違いないため、人を選びます。

ご注意ください。

■SR株券「シャダイソフィア」(メイドオブマッサム族)

 距離 1200m-2400m
A 右回り B+
ダート C 左回り B
道悪 A 小回り B+
A 遠征 B
体質 B 瞬発力 B
スタート B+ 勝負根性 A

気性 普通

特性:クラシック(任意のクラシックレースに出走)

メイドオブマッサム族

※メイドオブマッサム族と堅実な主な牡馬ラインは、ダンチヒ系(鉄板)、レイズアネイティブ系、ボールドルーラー系、タッチストン系、ダーレーアラビアン系、ゴドルフィンアラビアン系

エレメント構成(上段左から母母、父父、下段左から父母、母父)

MM族 NT系
BN族 BR系

→イベント株券で先に登場していたメイドオブマッサム族ですが、この馬自身のパラはなかなか優秀で使い勝手よさそうです。

この馬の父方はノーザンテースト系であるため、根性エレメントが入るのも良いです。

ただ、以前書いた通り、メイドオブマッサム族はもともと堅実相手が少ないため、ミスタープロスペクター系の豊富な種牡馬が堅実・ニックスではなくなったという点がかなりネガティブです(今のところダンチヒ系の馬も少ない)。

今のところ、レイズアネイティブ系のイベント株券もSSR株券を含めて2つほど出たため、これを手に入れた人ならば、、という感じですね。

 

スポンサーリンク

■R株「テネシーガール」(プロミス族)

 距離 1200m未満-1400m
B 右回り B
ダート C 左回り B
道悪 B 小回り B+
C 遠征 B
体質 B+ 瞬発力 C+
スタート A 勝負根性 C+

気性荒

特性 短距離 (1400m以下のレース出走で発動)

※プロミス族と堅実になる牡馬ラインは、

エレメント構成(左から 母母、父父、父母、母父)

PM族 DT系
BA族 SM系

→説明文に「パートナー調教の高さが魅力!」とあるように、繁殖馬としての魅力に乏しいです(笑)。

プロミス族もメイドオブマッサム族と同様にミスタープロスペクター系と堅実ではなくなって割をくっている種族の1つ。

この馬自身のパラもボロボロです。

運営の説明にある通り、調教パートナーカードとして以外の用途では見送りの一手。

また、現時点で獲得できる株券をいかした配合テンプレは後日公開します。

スポンサ

【スポンサーリンク】




スポンサ

【スポンサーリンク】




-株券情報

Copyright© モモマルのスタホ雑記帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.