このブログについて

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

管理人のモモマルと競馬の出会いを思い起こせば、1994年の有馬記念。

僕の生家は年末の風物詩としても有名な有馬記念を開催している中山競馬場が近く、自身が短距離走というスピード勝負の部活をしていたこともあり、競馬は長く続いている唯一の趣味なのです。

白のシャドーロール(鼻に着ける馬具)が映える漆黒の馬体が他をなぎ倒すように圧倒したレースは今も忘れられません。

 

そんなこんなでゲーセンの競馬ゲーム 「Star horse」と出会い、10年以上の時を経て、今もプレイしています。

特にスタホ3時代は、チームの仲間と励ましあいながら、毎週行われるプレミアカップで栄冠をつかむべく馬づくりに燃えていました。

過去の栄光ではありますが、僕が出場した決勝レースをまとめます。

運も味方につけ、合計で4回優勝させていただきました。

(残念ながら自身の渾身の傑作である3大始祖トリプルインブリード入りの9万枚馬は優勝できず)

第1回(進撃)


(C)SEGA

第15回(らぶモモ)


(C)SEGA

第32回(らぶモモ)


(C)SEGA

第35回(進撃)


(C)SEGA

第38回(進撃→優勝)


(C)SEGA

第45回(進撃→優勝)

(C)SEGA

第50回(進撃)

(C)SEGA

第61回(進撃)

(C)SEGA

第83回(進撃:)

(C)SEGA

第98回(進撃・ブルーインパルス)

(C)SEGA

第100回(らぶモモ)

(C)SEGA

第120回(らぶリモ→優勝)

(C)SEGA

第144回(らぶリモ)

(C)SEGA

第182回(らぶリモ)

(C)SEGA

第190回(24920偉大なる金字塔)


(C)SEGA

 

第194回(24920偉大なる金字塔)

(C)SEGA

第200回(らぶリモ)

(C)SEGA

第266回(とむそまにあ:モモマル厩舎、ペッピイ厩舎→優勝)

(C)SEGA

第267回(とむそまにあ)

(C)SEGA

第268回(とむそまにあ)

(C)SEGA
2019年11月、Star horseシリーズの最新作「4」の稼働に伴い、当ブログで攻略情報をまとめていこうと思いました。

 

この憎らしくも愛らしいゲームのファンが一人でも増えることを祈念して。

 

この記事の評価をお聞かせください

スタホ初心者のためのガイド

1

スターホースシリーズは20年近い歴史があり、僕を含めた古参プレイヤーに支えられているといっても過言ではありません。 その ...

2

  店舗に置かれているプレイガイド冊子には遊び方や操作方法が書いてありますが、紙面の制約上、プレイヤーが知って ...

3

当スタホブログでは、スタホ4における愛馬育成で困りがちな点をサポートする便利ツールをいくつか公開しています。 &nbsp ...

© 2020 モモマルのスタホ雑記帳 Powered by AFFINGER5