素質判定

スタホ4における素質判定の方向感(素案付き)

馬づくりにおいて、皆さんが最も気にするのは、「馬が強くなっているか」という点かと思います。

スタホシリーズにおいて「強さ」とは、「たくさん賞金を稼ぐ力」であり、それは言い換えればレース出走時に良オッズを出せる力ともいえます。

10倍よりも5倍のほうが圧倒的に勝ちやすいのは誰も異論がないと思います。

スタホ3までは、その馬が持つ「素質」がオッズ出力に与える影響が大きかったため、育成がちゃんと進んでいるかを測るために、レースに出して「素質判定」をしてきました。

具体的には、2歳G1を勝利した状態で皐月賞に出て2.3倍を切るくらいが「怪物クラス」、3倍前後だと「サラコメクラス」などといった感じです。

ところが、1月20日の公開生放送で発表されたように、スタホ4では「素質」以外に、「適性(パラメータ)」と「特性(スキル)」がオッズに相当な影響を与えるようです。

そうなると、これまで行ってきた素質判定はどのようにしたらよいのでしょうか?

現時点の情報を踏まえて僕の見解をまとめたいと思います。

馬の「素質」ってそもそもなに?

本来的な強さという点でいえば「たくさん賞金を稼ぐ力」ですね。

賞金を稼ぐためには、高いグレードのレースで良いオッズで出走し続けないといけません。

スタホでは、それぞれの馬には生まれながらにして備わっている「素質」があり、レースに出走するとこの素質を削りながらオッズを出力します。

素質とオッズの関係を車に例えると、素質とはいわば「燃料(ガソリン)」であり、オッズとは「速度」です。

ガソリンを燃やして車を動かして走らせていくわけですが、走れば走るほどガソリンはなくなります。

そして、生まれ持ったガソリンの量が多い馬はそれに見合った早く車を動かすエンジンも備えています。

ガソリンタンクが大きいので、一度に大量のガソリンを燃やせるイメージです。

具体的には、素質量が1000の馬であれば、初戦G2オッズが4倍程度なのに対して、素質量が5000の馬では同じレースで3倍を出せる、という具合です。

ガソリンは燃えれば燃えるほどなくなっていき、なくなってしまうと、「素質切れ」と呼ばれる状態になり、レースに出てもオッズが出なくなってしまいます。

燃料を補充する手段はあります。

レースで5着以内に入ることで「着恩恵」なる燃料が手に入ります。

この燃料はすぐなくなってしまう代わりに、びゅんと加速(オッズ良化)します。

 

走る道(レース)も影響します。

賞金が少ないレース(国内戦)はいわば平地を走るようなものでたいして負荷がかかりませんが、高額賞金レース(WBCやSWBC)はデコボコ道や急勾配の山のようなイメージで、平地と同じようなスピード(オッズ)で走ることはできません。

スタホ3で簡単に2~3倍を出せていたSWBCはスタホ4で10倍台を切るのが難しくなるなどオッズが出なくなりました。

いわば走る道がこれまで以上に険しくなったようなもので、スピードはでませんし、燃料も削られます。

スタホにおける育成とは、世代を重ねてこの素質を継承し、より大きいガソリンタンクと質の良いエンジンを積んだ馬をつくっていくか、という点に行きつきます。

ここからが大事なんですが、スタホ4では、今までのシリーズとは異なり、速く走るための要素がガソリンとエンジン以外のもの(適性・特性)の影響が大きくなっています。

これも無理やり車に例えるならば、これまではエンジンの質と速度はほぼイコールだったのに対して、スタホ4では芝かダートか、右回りか左回りか、坂の有無や小回りの具合、など道(レース)に合わせたチューニングとなっているかどうかが、スピードに影響を与えるようになっているということです。

馬の「素質」を判定する意味を改めて確認しよう

大事なので繰り返しますが、

■素質量が大きい馬は良いエンジンを積んでいる(良いエンジンがあれば速く走れる)

■育成とは、世代を重ねて素質を継承し、より大きいガソリンタンクと質の良いエンジンを積んだ馬をつくるかということ

■ただ、スタホ4では道に合わせたチューニングになっているかどうかで速さが変わる

というのが前項で伝えたポイントです。

 

これまでレースに出してオッズを確認し、「馬の素質」を判定していたのは、

・良いオッズが出ている(時速●kmで走れている)
・それならば、さぞかし良い素質なんだろう(ガソリンタンクが大きくエンジンの質がよい)
というロジックで育成状況を確かめるためでした。

現役中も引退後も素質がどこまで高まっているかを確認する術が限られています。

(生産時の演出、プレレース後のコメント)

スタホ4では、素質量から推察されるエンジンの質だけが速度を決めるわけではないのですから、初戦のオッズ出力による素質判定は今まで以上に難しくなっています。

初戦オッズの出方だけでは馬の素質を測ることは難しい、という結論に行き着いてしまうわけですが、「それでもヒントだけでもほしい!」と思うのが馬主ごころでしょう(笑)。

難しくはなっていますが、無理なわけではありません。

大事なのは、素質以外の要因に影響されない状況をつくることです。

スタホ4における素質判定方法(素案)

ここから目安だけでいいから、素質を測る方法が知りたいという人向けの暫定情報です。

まず前提条件としては、

■店内レースは騎手特性が発揮しない騎手を選ぶ(初戦に名コンビ、差し・追い込みで叩き合いなど)

■馬体重は大きく外さないように注意(特にサテレースは相当ぶれる)

■距離や馬場(芝orダ)を大きく外さない(なるべくオススメを選ぶ)

■馬の特性(スキル)を発動させない

という点は留意ください。

※要はポジティブな要素もネガティブな要素も極力排するということ

 

その上で、僕は以下のようなモノサシで素質を判断しています。

<Sコメ~サラ?の馬>

●古馬作成 初戦L(サテ200枚)レースに出走●

~3.0倍(Sコメ級)

~2.5倍(サラコメ級)

※ただしこの段階では本当に目安程度。

たいていが1着になるので、次戦は店内G2で以下のように判定。

~3.5倍(Sコメ級)

~2.9倍(サラコメ級)

※例えば、初戦L3.1倍1着からG2で2.9倍というサンプルもいました。選ぶG2によってもかなり変わるので参考程度に

<サラコメ級以上の馬>

●3歳作成 2歳G1連勝のケース●

桜花賞:~2.3倍(サラコメ級)

皐月賞:~2.4倍(サラコメ級)

●3歳作成  条件戦負けのケース●

初戦Lレース1.8~1.9倍1着から

弥生賞・スプリングカップ:~2.1倍(サラコメ級)

3歳作成についてはまだサンプル数が少ないため、精度が悪いかもしれません。

くれぐれも参考程度にお願いします。

また、サラコメとSコメの境界線となるオッズはこうだ!というご意見は随時お待ちしています。

この記事の評価をお聞かせください

-素質判定
-, , ,

© 2020 モモマルのスタホ雑記帳 Powered by AFFINGER5