プレミアトーナメント

第3回プレミアトーナメント:史上初の同一クラブ内での準決勝対決

プレミアトーナメントも第三回となりましたが、みなさん駒をちゃんとそろえて闘えているんですかね。

1回出場してしまうと、調子がCになってしまうため、回復にだいぶ時間を要します。

懐事情が厳しく、今まで5チーム投入していたのを絞るクラブも出てくるかもしれませんね。

今回の記事では第3回プレミアトーナメントの準決勝のバトルを展望しようと思います。

 

■第3回開催の本選トーナメント表

20日夜にベスト16が決まった後、昨日21日にベスト4が決まりました。

トーナメント表は以下のような状況です。

ベスト16時点では、梅田の地下は迷路でピンチ!さんとセツナふれんど(仮)さんがそれぞれ2チームずつ残していましたが、この2クラブは明暗がくっきり分かれた形です。

また、ブラックリストSさんや魔神降臨さんや烈闘生さん、MaybeTonightさんといった有名チームが名を連ねていましたが、いずれも敗退しており、トーナメントを勝ち抜く難しさを物語っています。

 

■準決勝第1試合

 

一組目の準決勝は、なんといっても史上初(といってもまだ3回目ですが、笑)の同一クラブによるメイン放映バトルとなっている点です。

 

リーダーからしたら、どっちが勝っても決勝へ行けるということで安心してみていられる一戦ですね。

 

梅田の地下は迷路でピンチ!さんは、どうもこの準決勝までにクラブ内対決が行われていたようで、同志討ちは2回目のようです。

 

■準決勝第2試合

反対側のブロックでは、

準決勝に進出したBLUESKYさんから画像をいただいています。

これは魔神降臨_01相手に勝利したときのものです。

マジンことオカノウエ厩舎の強力な馬たちを相手に人気でも負けない助っ人パワーを駆使しての勝利です。

 

これに魔神の力も加わりますから、勝ち上がる可能性は十分にあります。

 

ちなみに、私も所属している「DMクラブ」のメンバーであるカゲミイーさんも助っ人として参画しているので応援してますよ。

 

では。

この記事の評価をお聞かせください

-プレミアトーナメント

© 2020 モモマルのスタホ雑記帳 Powered by AFFINGER5