育成・発動記録

S勝ちなし37万枚を稼いだ怪物上付近馬のサンプル

4月のプレイ自粛以前から走らせていた馬を完走させましたのでご報告します。

早回しでどんどん素質が高まっていたバグ時代に自家製配合を重ねて素質を詰め込んだ馬なので、適正パラはボロボロですが、怪物上付近まであったかもしれません。

当時は海外G1もWBCも被りまくりなのでオッズ出力は目安にもならないかもしれません。

伝説序章コメントが出ても、欲を抑えてその上を目指すとこれくらい素質持ちのよい馬になる、というサンプルですね。

 

全成績

朝日杯

1

ホープフル

1

香港ヴァーズ

2.6

1

WBCクラシック

4.8(割

1

SWBCクラシック

5.5(割

3

WBCクラシック

3.3(割

3

ドバイワールドカップ

1.4

3

ドバイワールドカップ

2.1

1

WBCクラシック

3.4(割

8

キングジョージ

2.0(

1

WBCロング

4.4

4

ドバイワールドカップ

1.6

1

WBCロング

4.1

1

SWBCダート

6.0

5

ドバイターフ

1.8

1

WBCクラシック

3.9

2

WBCロング

3.2

2

WBCクラシック

2.5

3

凱旋門賞

1.9(

3

チャンピオンステークス

2.0(

4

キングジョージ

2.1(

1

WBCロング

5.1

6

ドバイシーマクラシック

2.2

2

キングジョージ

1.7

1

WBCアイス

4.3

1

SWBCマイル

5.2

3

WBCダート

4.1

5

凱旋門賞

1.9(

2

チャンピオンステークス

1.5

3

香港ヴァーズ

1.6

2

香港カップ

1.9(

1

WBCダート

4.8

3

香港カップ

2.2

1

WBCダート

5.3

6

ドバイシーマクラシック

3.8

2

 

 

パラメータと次世代継承

38戦17勝

SWBC 0-0-2-1

WBC 3-2-3-5

海外G1 9-4-3-1

獲得賞金 373600枚

適正パラメータは以下のような感じでした。

これでも現役時の調教でだいぶマシになったのです。

引退後は、2歳連勝から桜花賞1.4倍の怪物下くらいの馬と配合して、伝説序章コメント。

2歳連勝から皐月賞1.3倍だったので、それなりに戻り素質があったっぽいです。

 

終了後雑感

ヒノデマキバオー株券のちからを借りて、白毛の発動馬となったので、途中微妙な走りを見せても最後まで辛抱強く走らせました。

WBC2倍3着から海外G1で3着、4着をとったときは、さすがに心が折れて引退させようかと思いましたが、最終的にはいい感じのところまで枚数が伸びました。

伝説序章コメントが出るか出ないかの瀬戸際クラスの素質馬とはオッズ持ちが違ったので、これくらいの素質の馬で勝負すればそこまで激走しなくても20万から30万枚くらいで安定しそうなので殿堂馬の駒も違ってきますね。

では。

この記事の評価をお聞かせください

-育成・発動記録

© 2020 モモマルのスタホ雑記帳 Powered by AFFINGER5