みんなの殿堂馬

スタホ4でついに100万枚馬が誕生!!そのローテとオッズ持ちは??

スターホース4の賞金体系は前作(スタホ3)から大きく変わりました。

SWBCは5000枚からスタホ4では10万枚に、WBCは2000枚から3万枚になったうえで、5着まで支払われるようになっています。

 

このスタホ4において、100万枚はスタホ3における10万枚のようなひとつの区切りだと言われてきましたが、ついに、100万枚馬が誕生しました。

 

偉業を達成したダッフィーヴァルカンは、真夏のスカイターフの常連でもあり、当ブログのスカイターフメモリアル記事でもたびたび登場してきました。

 

このスカイターフ記事で取り上げたご縁もあり、ダッフィーヴァルカンのオーナーより特別に全成績を掲載する許可をいただいたので、記事化しています。

 スカイターフメモリアル:8月10日~8月16日分

スカイターフメモリアル:8月17日~8月23日分

 

 

■初戦から初WBCまで

朝日杯FS 1 1
ホープフルS 1 1
皐月賞 2.1 1
日本ダービー 1.4 1
菊花賞 1.1 1
香港カップ 1.7 1
WBCクラシック 4.0 2

初戦:皐月賞 2.1倍

気になるデビュー戦は、なんと他P2頭と激突した牡馬クラシック戦でした。

 

オーナーによると、このころはメダルがあまりなく、ゴールドプログレッシブJP狙いで走らせた、とのこと。

皐月賞から菊花賞まできっちり勝ってGJPを馬主にもたらすなど、このころから馬主孝行のGood Horse感がにじんでいますね(笑)。

 

初海外:香港カップ 1.7倍

牡馬3冠制覇により、5走履歴は2歳G1を含めてオール1着のため、オッズが出やすい状況です。

1.7倍だと勝算は五分五分という感じですが、ここを1着になるところにこの馬の底知れぬポテンシャルを感じます。

 

初W:WBCクラシック 4.0倍

デビュー戦から無傷の9連勝で迎えたWBC戦ですが、1番人気4.0倍と混戦模様のレースとなりました。

残念ながら2着、初めて土がつくことになります。

なかなか無敗でSWBC挑戦までいくのは難しいですね。

 

■初のSWBCは無念の敗退、そこから巻き返しへ

WBCロング 4.5 1
SWBCターフ 5.1 2
WBCクラシック 4.0 4
キングジョージ 1.3 2
凱旋門賞 1.3 1
WBCアイス 3.9 2
WBCダート 3.5 1
SWBCターフ 4.5 1

初S:SWBCターフ 5.1倍

初Wは惜しくも2着に敗れると、2度目のWBCは3番人気4.5倍と初めて1番人気を譲りますが、この無欲で追う形がよかったのかWBC初制覇となります。

 

迎えた初のSWBCは5.1倍で1番人気から、2着を奪取し、いよいよ王道コースを歩み始めるかに見えました。

 

S連対から返しのW: WBCクラシック4.0倍

SWBCで3着以内になれば、WBC出走権利を獲得でき、高期待値のままWBC~SWBC~WBCへと突き進む、いわゆる王道コースに突入するわけです。

SWBCで好成績をおさめて、さあこれから、というWBCクラシックは厳しい相手関係で4.0倍になってしまい無念の4着。

100万枚を超えることになる馬でもこういう試練が訪れる、ということですね。

 

S初勝利:SWBCターフ 4.5倍

WBCで4着に敗れ、海外戦に戻ってくることになり、キングジョージ、凱旋門賞ともライバルP馬がいる中、なんとか2戦目で1着を獲得し、WBCの舞台に戻ってくることになります。

WBCアイスで2着を拾うと、その次のWBCダートで1着を取り、比較的スムーズなリカバリーで2回目のSWBCを迎えます。

4.5倍の堂々たる1番人気で勝利!

この勝利を皮切りに、強烈な王道コースを歩むことになります。

 

■WBC&SWBC完全制覇、そして王道陥落

初SWBCをターフコースで勝利した時点では、WBCはロングとダートを勝利した状態です。

ここからWBCとSWBCを完全制覇することになります。

WBCロング 2.4 1
SWBCマイル 3.5 1
WBCアイス 1.8 1
SWBCクラシック 3.1 2
WBCクラシック 2.3 1
SWBCクラシック 3.6 1
SWBCクラシック 2.3 1
SWBCダート 3.5 2
WBCロング 2.0 1
SWBCダート 3.7 1
WBCロング 2.2 1
SWBCターフ 3.3 6

SWBCマイル制覇: 3.5倍

初S勝利後の返しのWはWBCロング2.4倍で見事に勝利。

迎えたSWBCマイルは、履歴の良化も手伝い、3.5倍という強力なオッズを叩いて勝利、これでWBC2種、SWBC2種とちょうど半分のコースを制覇したことになりました。

ダッフィーさんの話によると、WBC完全制覇、SWBC完全制覇は当初から狙っていきたいと考えていたため、余力・勢いのあるうちに挑戦したとのこと。

MOMO
後半戦になってから狙おうとしても厳しい戦いを強いられるので、こうした判断もありえるということですね!

 

WBCアイス制覇:1.8倍

SWBCマイルを勝利した勢いで、WBCアイスに挑み、相手関係が緩めだったこともあり、1倍台でこのレースを勝利し、WBC完全制覇までクラシックを残すのみとなります。

 

WBC完全制覇:2.3倍

王道5連勝で迎えたSWBCクラシックは、SWBCオッズとして自己記録となる3.1倍となるものの、ここは2着どまり。

その返しのレースは、勝てばWBC完全制覇となるWBCクラシックをチョイス。

このレースは前回4着に敗れた因縁のレースでもありますが、「関係ない」といわんばかりに、一発クリアでWBC完全制覇の栄冠を勝ち取ります。

 

SWBCクラシック制覇:3.6倍

WBC完全制覇達成の翌日、栄冠の余韻も残る中で目指すはSWBC完全制覇。

前回のSWBCクラシックよりもオッズは悪化したものの、1着を奪取し、W~Sの王道継続が10!に、そしてSWBC完全制覇リーチとなります。

SWBC完全制覇:3.7倍

王道継続が10となって迎えたWBCはロング戦。

2.3倍で1着となり、勝てばSWBC完全制覇となるSWBCダートに挑みます。

3.5倍もバイアリータークの強襲に合うも2着をキープ。

そこからWBCロングを2.0倍で勝利すると、どん欲にSWBC完全制覇を狙いに行きます。

3.7倍と前回からオッズを悪化しながらも勝利し、WBC&SWBCのダブル完全制覇という偉業達成となりました。

WとSの両方を完全制覇するなんて、とんでもない馬ですね。

 

初の掲示板外し:SWBCターフ3.3倍

喜びの絶頂にあるときほど、落とし穴が近いものです。

 

SWBCダートを勝利し、完全制覇を達成した同馬は、得意のWBCロングを勝利して、王道継続14戦を数えたところで迎えたSWBCターフ。

3.3倍というオッズでありながら、なんと6着に敗れ、初めての掲示板外という屈辱を味わうことになります。

Bali
まさかこの状態から次戦6着になってしまうなんて

 

■2度目の掲示板外から復活、栄光の100万枚達成へ

ドバイシーマC 1.4 1
WBCクラシック 4.0 7
カドラン賞 1.4 1
WBCロング 4.3 1
SWBCターフ 6.4 5
ドバイシーマC 1.5 1
WBCロング 3.4 1
SWBCダート 6.1 1

2度目の掲示板外し:WBCクラシック4.0倍

SWBCで痛恨の6着をくらった後、ドバイシーマクラシック1.4倍は単独出走が叶い、1着!

掲示板外しという影響があるにしても、だいぶ余力がなくなってきています。

ここから巻き返しを図りたいWBCクラシックは4.0倍と、初S連対から王道陥落となったレースと同じ倍率という不吉なオッズ。。。

なんとここで7着、、、苦しい展開が続きます。

 

単独出走で枯れたかどうかを確認したかったカドラン賞は被って1.4倍となるも1着を奪取し、向かうはここまで4戦して4勝のWBCロング。

自馬をもう一頭送り込む奇策を繰り出し、なんと勝利!

次のSWBC6.4倍で5着になるも、ドバイシーマクラシック1.5倍1着から、再度ロングに挑み1着。

なんと難コースとも言われるWBCロングは6戦6勝と勝率100%となっています。

WBCとSWBCをダブルで完全制覇するオールマイティーさがありながら、WBCロングを最も得意とする、という感じがとにかく眩しいですね!

 

100万枚突破:SWBCダート6.1倍

6度目のWBCロングで獲得賞金は95万枚になり、SWBCで勝てば100万枚という場面で、1着!!

やっぱり選ばれた馬は違います。

 

オーナーによれば100万枚を達成しながら、まだ余力も残週もあることから、更なる上積みを狙っている、とのこと。

1つ悔いが残る、と話していたのは、王道が崩れた後、立て直しのWBCでクラシック4.0倍で敗退したシーン。

あの段階でWBCロング負けなしであったため、そこでロングに出していれば、あるいは、と話してくれました。

勢いがあるときはガンガン出しても、崩れたときにこそ慎重にその馬に合ったレースを選ぶ、ということの大事さを感じさせられますね。

 

ダッフィーヴァルカンがどこまで記録を伸ばすのか注目ですね!

 

 

■全成績

ダッフィーヴァルカンの全成績はこちら。

レース名 オッズ 成績(着)
朝日杯FS 1 1
ホープフルS 1 1
皐月賞 2.1 1
日本ダービー 1.4 1
菊花賞 1.1 1
香港カップ 1.7 1
WBCクラシック 4.0 2
WBCロング 4.5 1
SWBCターフ 5.1 2
WBCクラシック 4.0 4
キングジョージ 1.3 2
凱旋門賞 1.3 1
WBCアイス 3.9 2
WBCダート 3.5 1
SWBCターフ 4.5 1
WBCロング 2.4 1
SWBCマイル 3.5 1
WBCアイス 1.8 1
SWBCクラシック 3.1 2
WBCクラシック 2.3 1
SWBCクラシック 3.6 1
SWBCクラシック 2.3 1
SWBCダート 3.5 2
WBCロング 2.0 1
SWBCダート 3.7 1
WBCロング 2.2 1
SWBCターフ 3.3 6
ドバイシーマC 1.4 1
WBCクラシック 4.0 7
カドラン賞 1.4 1
WBCロング 4.3 1
SWBCターフ 6.4 5
ドバイシーマC 1.5 1
WBCロング 3.4 1
SWBCダート 6.1 1

 

この記事の評価をお聞かせください

-みんなの殿堂馬

© 2020 モモマルのスタホ雑記帳 Powered by AFFINGER5