スタホ4

コロナ禍によるインターハイ開催断念とプレミアカップ

ずいぶん久々の更新になります。

コロナ感染拡大でゲームセンターの営業自粛に伴いスターホース4もプレイできなくなり、暇をもてあそばせている人も大勢いるかと思いますが、いつかはゲーセンの自粛も解かれ、いつかはプレイできますからね。

(そこまでにスタホ4熱が冷め切っている可能性もゼロではありませんが、、、)

個人的に非常に残念なニュースが入ってきました。

例年7月終わりから8月にかけて行われてきた高校総合体育大会、通称インターハイが2020年度の開催を断念した、とのことです。

今年のインターハイは、東京五輪の影響を受け、出場者や関係者の宿泊場などが確保できず、北関東広域で開催を予定するなど、いろいろと振り回されてきた経緯もあります。

インターハイの中止は史上初だそうです。

インターハイに出場するための地区予選もないわけですから、現高校三年生は強制引退となりそうです。

私は高校時代の部活で陸上競技短距離をしていました。

某有名スポーツ高校にスポーツ推薦で入学し、部活9割という高校生活でしたので、1年のサイクルはインターハイに照準を合わせていました。

いうなれば、競馬に例えるなら、3年生のインターハイとは日本ダービーなのです。

2年生のインターハイは皐月賞、1年生のインターハイは2歳G1みたいなものでしょうか(笑)

陸上競技でインターハイに出るには長い予選を勝ち抜く必要があります。

まずは都道府県大会に出るための地区予選ですが、これはさほど高いハードルではありません。

その後の都道府県大会で6位以内に入ると、南関東、北関東のような広域エリア大会への出場権を得ることができ、そこでも6位以内に入ると、インターハイへの出場資格を得ることができました。

※もしかしたら最近は仕組みが変わっているかもしれません

インターハイが終わると、ほとんどの3年生は引退となります。

私もこのタイミングで部活引退しました。

1年生、2年生もインターハイが終わると、来年はオレが主役になる、という想いを胸にしまって夏の特訓モードになります。

高校生活で最大でも3回しかチャンスがない、という舞台だからこそ、そこに向かって情熱を注げるのだろうな、と思います。

この辺がスタホ3における「プレミアカップ」と通じるものがあります。

1頭の馬に与えられたプレミア出場資格は4回だけであり、この限られた4回を削りながら出場するからこそ、狙っている開催に出場するかしないかで頭を悩ませ、決勝進出がかかった二次予選はドキドキして眠れないなんていうことになるのかと。

(スタホ3の途中から、1回復活とか無限復活!みたいなことになり、ゲーム性が崩壊しましたが)

インターハイ中止とは競馬民にとっては、愛着を持っていた馬の日本ダービー開催がなくなるようなものであり、

スタホ民にとっては、あと1回だけだった自分の馬のプレミア出走権が突如消滅するようなものだといえば、その苦しさやつらさがわかっていただけますでしょうか。

コロナ禍は、人の楽しみや願い、情熱だけでなく、命すら奪います。

皆さんの無事をお祈りして。

この記事の評価をお聞かせください

-スタホ4

© 2020 モモマルのスタホ雑記帳 Powered by AFFINGER5